お笑い・エンタメの最近のブログ記事

100708.jpgワールドカップも残すところ決勝と三位決定戦を残すのみとなりました。

日本がパラグアイにPKで惜負してショックでした。
さらにアルゼンチンがドイツに大敗してしまい、それを上回るショックでした。マラドーナの悲しそうな顔とメッシの涙ぐんだ顔が忘れられませんcrying


まあいろいろありましたが、今一番気になるのは、ドイツのタコ、パウル君です。

このパウル君、ドイツ勝利を予測して的中し続けていましたが、アルゼンチンにドイツが勝利したときには、アルゼンチンサポーターに「パエリヤにしてしまえ」と言われ、次の試合は一転してスペイン勝利と予測したら、「もし外したらまな板に乗せてやる」とドイツサポーターにいわれ、予測通りスペインが勝利したらしたで、こんなこと言われちゃっています。

フライにしてしまえなんてひどいなぁ。タコは美味しいけどね。

とりあえず、次の三位決定戦は予測をするそうですが、決勝については検討中とか。
ある意味こちらも目が離せませんね。WC終了後も無事でいることを祈ります...。


さてさて、決勝も結局は最強といわれたスペインが勝ち上がっていますね。
そもそもクラブチームでも最強レベルのバルサの選手が10人位いて、試合に過半数が出ているのですから弱いはずはなかったですね。グループリーグの不調はなんだったのでしょう。

できればメッシ対メッシのチームメイト対決が見たかったですが、スペインの選手はみんなメッシみたいなものですから、その対決はさぞかし厳しいでしょうねぇ。
とりあえずオランダとの対戦が楽しみです♪

ただ、さすがに決勝でスコアレスでPKってのだけは勘弁してください;;;
サッカーのPKって百人一首に対する坊主めくりによく似ていると思うのですが、決勝が坊主めくりだけで決まるなんてありえませんよ。
というわけで、両チームガンガン得点を入れてほしいです☆

100625.jpgただいまワールドカップまっさかりです。ワタシは日本はもちろんのこと、今年はアルゼンチンに大注目しています。

なにしろ、今年は神様マラドーナが監督。世界一の選手と言われているメッシも注目ですし、メッシだけじゃなく全員すごくて、もうだれがどこでシュートを決めてくるかわからないし...とにかく、誰が見ても面白いんじゃないかと思います。

ところで、本日6月25日早朝、世の中は日本の決勝リーグ進出で大盛り上がりです。始まる前は酷い言われようだったのに、手のひらを返すような賞賛の嵐、嵐、嵐。

実は、アルゼンチンも予選での成績が思わしくなく、開催前は酷い言われようだったそうです。
岡田監督は、勝利後のインタビューで、とても礼儀正しくこれからの決意を語っていましたが、マラドーナ監督は、グループリーグに全勝した際、メディアを前に「お前ら全員選手に謝れ!」という主旨のことを言い放ったそうで。

こんなこと言っちゃう監督って日本では考えられませんが(笑)、「オレ様に」ではなく「選手に」謝れって言ったのは、ちょっとステキだと思いました。

試合を見ていると、飛んだり跳ねたり抱きついたりと、喜怒哀楽の表現豊かで、選手以上に目立っているマラドーナですが、選手を交代する時や試合終了後、選手一人一人をハグしたりキスしたり頭をなでたり、まるでお父さんです。
実際、義理の息子(娘の夫)もいるわけなんですど、本当に全員が子供のように思っているように見えます。チーム全体がファミリーのような一体感があって、いい空気が流れているんですよね。

たぶん、今年のアルゼンチンは伝説をつくるんじゃないかと期待しています。
日本も、アルゼンチンと当たる所(ベスト4)まで勝ち抜けられるといいなぁー。


マラドーナ [DVD]

091221.jpg今年もM-1王者が決まりましたね。
パンクブーブー、来年どうなるのか楽しみですね。

ところで今年の笑い飯はやってくれました。

鳥人ネタのおかげでwikipediaが大変だったとか。
そして、決勝でまさかの下ネタ!
ある意味真の芸人かもしれません。

笑い飯は、相方がオモロイと散々言っていたのですが、私はなんかつかみ所のない人たちだなとずっと思っていました。
が、今回はプロフェッショナルとはこういうもの、みたいな心意気を感じてしまいました。

気が付けば笑い飯は、こちら(関東)のTVでも既に活躍していますし人気もありますが、それでもコンスタンスに出続けて、とうとう100点出しておきながら、それをお構いなしのやりたい放題...。
「オレ達のスタイルは変えないぜ」ってことでしょうか。

漢(オトコ)ですね。カッコいいです。

091105.jpg気が付けば、随分と更新間隔が空いてしまいました。。。というわけで、久しぶりの更新です。
アップしようと思いつつ忘れていましたので先月のことになりますが、高座というものを初めて生で観ました。笑点でおなじみの桂歌丸&三遊亭楽太郎二人会です。
つい先日圓楽師匠が亡くなってしまいましたね...。

演目は全て古典落語で、楽太郎師匠は「死神」でした。笑点を知っている方なら想像がつくと思いますが、歌丸師匠は死神にされたり最後に出てくる命のロウソクなんて悲惨なことになっていたりで、もう散々なことになっていましたが、最近の一発芸オンパレードなTVにはない世界で、かなり面白かったです。

そして、歌丸師匠は「井戸の茶碗」でした。
さすがに上手でしたねー。
上手な落語はありありと情景が浮かぶと聞いていましたが、本当にそのとおりで、冒頭から話の中に引き込まれてしまいました。
もう、江戸の町並みや、人々や登場人物の顔も仕草も手に取るようにわかるんです。

落語初心者なので、途中で飽きないか少し心配でしたが、飽きるどころかあっという間でした。
昔から伝わっている話なのに、噺家次第で全然変わるなんて深いです。
あと、新作落語の小朝師匠は一度みてみたいものです。


※音が出ます※

キングオブコント2009の決勝に東京03が出場するようです。

前から目をつけていたんだけど、なかなか日の目を見ることがなく歯がゆく思っていた東京03。
やっと、やっと、大きな舞台にでてきて嬉しいかぎりです。
これは放送を見逃せませんね。

それにしても今年は比較的有名な芸人ばかりで、誰それ?という組が見あたりません。
はじまる前から、なんとなく予想がついてしまうのが少々つまらないですが、予想を裏切ってほしいなあ。特に東京03。1番目だけどがんばってほしい。

ちなみに、決勝の順番はこんなかんじ。

  1. 東京03
  2. ジャルジャル 
  3. モンスターエンジン 
  4. ロッチ 
  5. 天竺鼠 
  6. しずる 
  7. サンドウィッチマン 
  8. インパルス

サンドウィッチマンとインパルスも楽しみです。

<追記>
決勝の日程は、TBS系列:9月22日(火・祝)よる7:55から3時間の生放送、だそうです。

<追追記(9/23)>
優勝したらいいなとは思っていましたが、本当に東京03が優勝してしまいました。
オンエアバトル以来応援していたので嬉しいですが、予想以上の高得点にびっくりしました。

090419.JPG4月は番組改編の時期ということで、新番組始まっていますが、先日夜更かしをしていたらこんな番組を発見。

その名も「フットンダ」。
内容は天の声が主題するお題に、腕に覚えのある芸人がモジり(ようはダジャレですが)をたたき込むように披露する大喜利で、最もくだらない回答が生まれた瞬間に文字通り中央に置かれたフトンがふっとびます。

...いいですね。
寝付けない深夜になんとなく見るのには最高です。
ちと、昔の「ひとりごっつ」を思い出しました。

090401.JPG前から気になっていた本日創刊の「FAMOSO (ファモーソ)」(ビートたけし編集長・所ジョージ副編集長)
本日ようやく中身を拝見!
記事はもちろんのこと、広告も、巻末の「定期購読のご案内」までもが大ウソ。
想像以上のくだらなさに脱帽です。

一番笑ったのは、北野クリニックの広告です。
手に取る機会があれば、探してみて下さい。